世界にたった一つ あなただけの オリジナルかるた

最新記事へ
「遊びながら学ぼう」へ
「広がる輪と和。」へ
トップページへ
 
 
TOP

かるた製造工程ご紹介!CTP編

Up date 2015.07.09(木)

本日はオリジナルかるたを制作する製造工程をご紹介します!

今日はCTP編です。

デザインが決まった後は、印刷工程へと進む訳ですが、印刷時にはアルミの版を作成します。

パソコンで作られたデータをアルミの版に焼き付ける機械がCTP(Computer To Plate)です。

この機械で版ができ、その後の印刷へ進んでいきます。

かるた出力CTP

印刷するにはこの版が必要ですので、パソコンが無かった時代は「焼枠」と呼ばれる機械でフィルムをアルミの版に焼き付けて(現像して)おりました。
フィルムと版を密着させるので間にゴミが入らないようにするなど、けっこう技術が必要な工程で職人的な作業でした。

今はあらゆるものがデジタル化されていますが、こういったアナログ的なところも悪くなかったなと思います。

「かるた」もアナログ的でどこか懐かしい、古き良き日本の文化を伝える玩具です。

かるた制作を通じて、この文化を残していきたいなと思います。